結婚式の親族集合写真がいらない3つの理由

前回、カメラマン2名体制について書きましたが、今回もよくあるご質問、「結婚式の集合写真って必要ですか?」という皆さまからのお問い合わせに回答します。

この投稿の対象者

  1. 結婚式の費用を少しでも削減・節約を検討されている方
  2. 結婚式の集合写真は本当はいらないのではと思ってる方
  3. 結婚式の集合写真は撮っておくべきと父母に言われてる方

この投稿を書いた経緯

2017年から急激に増えた質問です。何があったの?!と思うくらい増えました。

毎回、どうしても長文回答になってしまうので、自身が思っていることを文章に残しておきたいと思い、この投稿をしました。

ただし、この回答はあくまでも持ち込みカメラマン(個人)の意見であること、特定の結婚式場を非難した内容ではありません。

そもそも結婚式の集合写真とは

「結婚式の集合写真」と書くと2つ思い浮かぶ方がいると思います。

1つは写真室でご新郎ご新婦様とそれぞれのご親戚の方が、硬い表情で撮影する「結婚式の全員集合写真」。

もう1つは、お二人とご親族様、ご友人様、出席された方全ての方と笑顔で撮影する「結婚式の親族集合写真」です。

写真室で撮影するご親族様との集合写真って必要か

持ち込みカメラマン(個人)目線になりますが、私は親族集合写真は不要と考えております。

理由は大きく分けて3つあります。
  1. 時代にマッチしてない
  2. やたら高額
  3. そもそも配らないし見返さない

1. 時代にマッチしてない

集合写真が始まった経緯

親族集合写真はなぜ結婚式で撮影するようになったかご存知でしょうか。

今のご時世、誰でもスマホで簡単に写真が撮影できるようになりましたが、我々の祖父母世代は写真というのは非常に高価なものでした。

写真撮影は人生の一大イベントで、なるべく1枚にたくさんの人が写るようにと始まったのが集合写真と言われてます。

結婚式の記事に書くのは不謹慎ですが、戦時中、自分の息子が戦争に出兵が決まったら、もう会えないかもしれないと、お父さんお母さんはお金をかき集め街の写真屋さんに依頼したと言われてます。

また、スナップ写真などなく、写真が高価な時代の結婚式では、親族集合写真と2人の記念写真が撮影されてました。

そんな70年前にやっていた事を、スマホで誰でも写真が撮れるこのご時世にやる必要って本当にあると思いますか。

2. やたら高額

この時代に合わない親族集合写真。なぜかやたら高額です。

そしてデータの買い取りも一切できません。(たまにありえない高額な値段で買い取りができる結婚式場もあります)

なぜそんなに親族集合写真は高額なのか

意外と知られてませんが、親族集合写真には高額な経費がかかっているからです。
  • 人件費(撮影、編集、プリント、貼り付け)
  • 家賃光熱費
  • カメラや照明などの機材

人件費について

人材不足と言われる今日。集合写真の撮影ってとにかく多くのスタッフの労力がかかります。

誘導する人、並べる人、赤ちゃんや子ども振り向かせて、撮影するのは、とてもじゃないですが1人では難しいです。

また、全員目が開いてないといけないので、パソコンで目だけを移し替えたりと(この作業の工数はかかります)。

その他、高価な台紙に貼り付ける作業も手作業の写真室が多いです。

家賃と光熱費

親族集合写真を撮影するとなるとスペースの確保が必要になります。

最近ではチャペルにて挙式後に足場を組んで集合写真を撮るなどスペースの有効活用をされる結婚式場もありますが、ホテルなどでは広い写真室をおかれるケースもあります。

ホテルの写真室など見た経験のある方はわかると思いますが、天井が高く、面積がとても広いです。さらに奥にはスタッフの作業所もあります。

このスペースを宴会場やレストランにしたら、もっと有効活用出来るのは思ってます。

カメラや照明などの機材

カメラも高価ですが、集合写真を撮影する際の照明は大型業務用のため、非常に高価な機材になります。

さらに、スタッフが常にメンテナンスを行うため、高価な機材に人件費が発生します。

3. そもそも配らない

そもそも撮影した親族集合写真って配りますか。

私たちの祖父母世代は焼き増しした写真を親戚中に配っていました。

それは、もしも家が空襲や災害、火事などになった際、全ての写真がなくならないようリスクマネジメントをしていたと言われてます。(今の時代ではクラウドに保存できます)

そんな過去があったので、おそらく年配の親戚の方は「集合写真配らないの?」と聞いてくるのではないでしょうか。

せっかくご出席してくださったので、配らないの?と言われたらと思いますが、高いお金を払って焼き増しをするって結構テンション下がりますね。

親族集合写真っていくら?

そんな高額な経費がかかった写真はいくらだと思いますか。

これは各結婚式場によりますが、一般的に5万円前後が相場です。

ただし、ここから各親族に配るとなると追加の焼き増し料金がかかるので5万円ではすみません。

焼き増しが高いのならデータをもらえばいいじゃんと思いの方、それをしたら写真室のお商売ができなくなるので、買い取りNG、もしくは高額な買い取り料金が発生します。

時代に合わない高額な親族集合写真って本当に必要でしょうか。

時代にあった集合写真とは

最近では結婚式にいらっしゃった方、全員集合写真が支流です。

脚立やスペースの問題で全員集合写真が難しい方は、親族控室で親族紹介をした後、そのままスナップカメラマンに集合写真を撮ってもらえばデータをもらうことは可能です。

もしも親族に配る用の写真となれば、披露宴の際に撮影するテーブルフォトも良いかと思います。

全員集合写真よりもテーブルフォトの方がお顔がお酒も入っているので表情が和らいでること、また一人一人のお顔が大きく写ってるので、もらう方も嬉しいです。

こんな結婚式場があったらお洒落だなと思うこと

親族集合写真を撮影せず、「優雅でオシャレな家族写真」を撮影してくれる結婚式場です。

たまにポージングで参考にしている「TRUNK BY SHOTO GALLERY」のインスタグラム。

その中の家族写真がとっても魅力だったんですよ!

親族集合写真ではなく、下記のような家族写真を撮影してくる結婚式場があったらおしゃれだと思いませんか。

→TRUNK BY SHOTO GALLERYの家族写真はこちら

→その他、個人的に好きな家族写真

上記リンクの家族写真に似た写真をネット探したんですが、近しい写真がなかったので、かぎりなく似た(?)イメージを探しました。

下記のイメージも参考にして見てください。

Embed from Getty Images
Embed from Getty Images

テーマはずばりSNSで拡散されやすい写真です(時代にあった写真、対価以上の価値がある写真です。)

結婚式場に必ずある豪華な待合スペースを使い、優雅でオシャレな家族写真を撮ってくれるなら追加でお金を払いたくありませんか。

最後に

個人的には写真室のスペースを優雅な待合スペースに変え、家族写真撮影と親族控室や来賓控室に使うことでスペースの稼働率を上げることも可能です。

「それじゃあ、結婚式場の収益が上がらない!!」

「カメラマンがカメラマンの仕事を無くてどうするんだ!」

と結婚式場に文句を言われると思いますが、直近の収益のお話だけをすれば、売り上げは下がります。

ただし写真や評判が拡散されたらどうでしょうか。

一般の相場よりも高いと言われるウェディング広告費が削減できる上、SNSでの獲得リードが上がり、指名での獲得だった場合は成約率もグッと伸びます。

親族集合写真の1組あたりの単価が5万円とし、年間500組の結婚式場だと2500万円の売り上げになりますが、集合写真を削除しおしゃれな写真でSNSで拡散されればどうでしょうか。

1組あたり400万円の客単価だとした場合、6組でペイできます。

その上、広告費の削減、人件費やスペースや機材の維持費も削減できます。

古い慣習やしきたりの全てが悪とは言いません。ただ、結婚写真も時代に合わせた撮り方・見せ方(ユーザー目線)が必要だと思う今日この頃です。