安くても好評な理由


撮影料金が安い理由

  1. 中間手数料がない
  2. 事務所がない
  3. 固定電話がない
  4. 宣伝費用をかけない
  5. 梱包をしない
  6. 打ち合わせはメール・お電話のみ
→プラン・料金はこちら

1.中間手数料がない

結婚式場でカメラマンを選ぶとなぜ高いのか。それは結婚式を運営する会社と写真室を運営する会社で撮影料金を折半するからです。写真室を運営する会社は、その中からランニングコスト、カメラマン工数を引いた金額が利益になります。

東京ウェディングスタイルはお客様と直取引でございますので、式場への中間手数料分が発生致しません。

2.事務所がない

まず、一般的な持込み会社は、お客様に来て頂く応接スペースと作業スペースが完備した事務所が必要になります。

都内駅近物件となると10万円〜15万円の家賃、その他光熱費、ネット費用、備品など月額15万円〜20万円のコストがかかります。

東京ウェディングスタイルは、お客様に来て頂く応接スペースや作業スペースはなく、全て各個人(自宅)での作業になるので、事務所がない分、コストを省く事ができます。

3.固定電話がない

結婚式場や一般的な持込み会社となると固定電話は絶対に必要になります。ましてやBtoCのお商売になりますと、フリーダイヤルも必要になり、問い合わせが多くなると10,000円〜20,000円の通信費が必要になります。

東京ウェディングスタイルは固定電話はなく、業務用の携帯電話(Yモバイル)一つでございます。そのため月額のコストも2,000円程度ですみます。

4.宣伝費用をかけない

固定費が多くかかる結婚式場や一般的な持込み会社は、ランニングコストを回収するため、多くの件数が必要になるため広告宣伝費にお金をかけます。

結婚情報サイトへの掲載、検索連動型広告、高級紙を使ったパンフレットなど、結婚式場になると月額50万円〜、一般的な持込み会社となると月額10万円〜と言われてます。

東京ウェディングスタイルはお客様の口コミのみで運営し、不要な広告宣伝費をカットしております。

5.梱包をしない

東京ウェディングスタイルでは冠婚葬祭にはかかせない、「のし紙 • 包装紙」など梱包はございません。

全撮影データをデータ転送便(Giga File便)経由でお客様にお渡ししております。

データ転送便を使う事により、梱包費、郵送費をカットし、より早くお客様に写真を提供しております。

6.打ち合わせはメール・お電話のみ

東京ウェディングスタイルでは基本的には打ち合わせはメール・お電話のみとさせて頂いております。
対面での打ち合わせは、移動時間や打ち合わせ時間に工数かかるので、その分を抑え撮影料金を少しでもお客様に還元しております。
今まで1000組以上のお客様が同様のやり取りをし撮影をしてきているのでご安心下さい。
 

高品質な理由

東京ウェディングスタイルに所属するカメラマンの基準
  • 10年以上の撮影経験
  • 1,000組以上の撮影経験
結婚式場や一般的な持込み会社に比べると、圧倒的に所属しているカメラマンの数は少ないですが、厳しい採用条件の中で選ばれたカメラマンのみ在籍しております。

→所属するカメラマンはこちら

撮影料金徹底比較

  1. 結婚式場専属のカメラマン:16万円前後
  2. 一般的な持込み会社:10万円前後
  3. 東京ウェディングスタイル:7万円前後 
→撮影料金はこちら

※結婚式+披露宴の撮影で700カットを納品した場合

リピーターなし! なのに口コミで話題のウェディングカメラマンに問い合わせが続出! 持込みカメラマンとして結婚写真を25,000円から撮影します。その他、節約術なども紹介。

mautic is open source marketing automation